ミウラフェアリングGR71F FRP外装

久々の更新です。この間、GSX-Rは何の変化もなし・・。なんですが、実はFRP外装を発注していました。


 今年で生産から30年目を迎えるウチGR71Fはカウルのアチコチが経年変化でひび割れて一部はタイラップで縫ってある状態。ここらでFRP外装に乗せ換えたいわけです。現在GR71Fの外装を作っているところは何箇所かありますが、ほとんどはアッパーカウルのみ。今回は前回のカーボンタンクカバーと同じ「ミウラフェアリング」さん。ここはラインナップとしてミドルカウルもあります。

ミウラフェアリングさんのHPにはこの形状のシートカウルは商品ラインナップとして掲載していませんが、問い合わせをしたところ作っていただけるということになって注文しました。

今回注文したのはミドルカウル、シートカウル、シングルシートカバーの3点。(一緒に写っているアッパーカウルは以前購入してあったものですが、今まで取り付けをしていなかったものです。)

発注は12月。途中手持ちのアッパーカウルを送ってチリあわせをしてもらい、先週直接バイク屋さんに送ってもらって到着しました。

ミウラフェアリングさんのラインナップではアッパーカウルはエア取り入れ口のある、いわゆるデイトナタイプですが、このカウルは純正デザインで作ってもらったものです。また、ミドルカウルはGR71FとG以降ではデザインが異なります。

初期型のアッパーカウル以外を作っているところは貴重です。純正デザインのシートカウルを作ってるところは他には見つかりませんでしたし、シート下のサイドカウルは作ってるところが見つかりませんでした。(ので、今回は純正を使います)

こちらが貴重なシートカウル。純正は3分割のパーツですが、FRPでは1ピースです。純正の特徴的なナンバー灯はそのままでは取り付けできない仕様です。今回はLEDのナンバー灯を使う予定です。

シングルシートカバーをシートカウルに乗せるとこうなります。

前から見た時に、シートカウルの幅に対してシングルシートカバーがかなり横幅が大きい事とシートカウルのフレーム取り付け部分が広がって見える点が気になるトコロですが、このあたりは車体に仮組して様子を見ることになりました。ペイントはいつもお世話になってるホワイトハウスにお願いします。色は純正色。純正ではライン類やロゴはテープ、デカールですが、これらはメーカー欠品なので、ラインもSACSやGSX-R750などのロゴもペイントで再現することになりました。
高そうだなー・・・。

ついでにタンクも塗り直しです。若干凹みがあるのでそこも修正してもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です