GSX-R 気になるトコロ・・&リアルスピード

手元に返ってきたGSX-R750。
さっそく少し乗ってみましたが・・。

炎天下の中、このバイクは熱い!熱すぎる!
Tシャツ姿で乗ったら、カウルの間から上がってくる熱気で
本当に火傷しそうでした。
メッシュジャケットは必須だな・・。
しかも足も熱い!
予想以上の熱さ。油温計も必須だろうなぁ。

走って見て気がつくのは

(1)6000回転くらいの谷
(2)Rサスのヘタリ。

の2か所。

今までは地元のバイク屋で全部見てもらっていましたけど、初期型GSX-Rと言えば「リアルスピード」って話をあちこちで聞きます。
幸いお店は浦和。家からは20分もあれば付く距離なので行ってみました!

お店はすぐに見つかりました。
工場がそのままショップになった感じなのですが、中にあるバイクはGSX-Rがたくさん!RKが整備中だったり、目の毒なほどのステキなカスタム車があったり・・。

ちょっと話をさせてもらったところ、「まずは足回りをシャキっとさせること」をお勧めされました。

6000回転くらいの谷は、もともとGSX-Rの特性的な所もあるようで、これを改善させるにはイグナイターなどの電気系が効くようです。
そういえば知り合いはダイナ2000付けてましたっけ・・。

さすがに、一度にあれもこれもはできないので、まずは足回りですね。
どこのRサスにするかを決めてから、もう一回お邪魔しようと思います。

オーリンズがお勧めみたいなのですが、予算的に厳しい・・・。
今のところNITRONが有力候補です。
(※結果クアンタムにしました)

交換時にはリンク周りのOHを一緒にしてもらう事にしました。(35K)
さらにFフォーク。Fフォークは中古で買った際に「OHしてある」とは
言われているのですが、「Rに合わせてセッティングした方がいい」というアドバイスもありましたので、素直に従って一緒に見てもらう事にしました。

ところで・・このお店、すごく良心的で「パーツなんかは中古で探してくれば?」とか「持ち込みでもいいですよ」って・・・。技術に自信があるんでしょうね。
最近こういうお店少ないよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です