GSX-R750・FRPカウル進捗状況(2)

ミウラフェアリングさん渾身の作品である我がGSX-R750用のFRPカウルが装着されました。
すでにホワイトハウスで黒一色にペイントされています。

このあと、純正色にペイントする予定ですが黒にペイントされた状態を見て、黒一色もいいなぁーと思ったりもしています。黒だとなんか車体がすごくコンパクトに見えます。これでフロントフェンダー以外は全てミウラフェアリングさんのFRPカウルになりました。
当初はタンクもビーターのアルミ製にしようと思っていたのですが、見送っています。

前回課題だったアッパーカウルとサイドカウルのチリあわせですが、アッパーカウルを作り直してもらってバッチリ。

シートカウルとシングルシートカバーのフィッティングもばっちりです。

写真ではちょっと見難いですが、見慣れぬサイドカウルがついてます。
これはミウラフェアリングさんの新製品でFRP製。このパーツ、通常はパーツにボス(オス)が生えていてフレーム側のメス側(グロメット)に差し込んで固定するのですが、FRPでこの構造にすると足が弱くて折れてしまうようで、そとからボルトで固定する形になっています。

さすがに販売から30年が経って、純正ABSが劣化していきますがこのパーツをFRPで作っているメーカー、ショップはありませんので、GR71乗りにとっては朗報です。ただ、この方法だと純正色で塗装した場合右上のボルトはSACSの文字がかぶってしまうのと、左下の部分は赤に塗るのでボルトが目立ってしまいますね・・。

来週からペイントに入るそうなので、黒にするのか、純正色にするのか考えなければ・・・。

このあと、ペイントと平行してブレーキローターの交換とフロントフォークのOHの予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です