ANDFキャンセル計画

前回の記事に’86GSX-R750限定車(乾クラ)のANDFについて書いたところ、コメントをいただきまして、そこで初めて簡単には使えないことが判明しました。

うーん、ネットってスゴイ・・。

で、そうなると残る道はキャンセルなので、今日はずっとネットで調べていました。キャンセルする方法が全く分からないので、手探りでしたが、ようやくつい、今、少し方法を見つけました。

まず、「ANDFキャンセラー」なるパーツが必要。
これでユニットを外して、蓋をするんですね。

でも、このキャセンセラーを売ってるトコロの情報が見つかりませんでした。「ANDFキャンセラー」とか「NEASキャンセル」とかいろいろ検索してみたのですが。

で、ようやく「OHNO SPEED」さんで「調整ユニットキャンセラー」という名前で販売していることがわかりました。

あと、ヤフオクでも「GSX1100R/750R アンチダイブキャンセルプレート
」という名前で出品されていた大阪のお店があったのですが、こちらはすでにオークション終了済。残念。こっちのほうが安かったんですけど。

この2か所にメールをしてみて、なんとかパーツを入手したいと思っています。

ただ・・キャンセルした場合のセッティングってどうなるんだろう・・。

オイルとかで済めばいいけどバネはそのまま使えるんですかね??

それか、85の機械式のANDF(PDF)がそのまま使えたりとか・・・?

どうも他力本願ですみません。
自分でももうちょっと調べてみます。

追記:「アンチダイブキャンセルプレート」ですがヤフオクに出品されていた方から返事が来て再度出品してもらい、落札しました!
一歩前進です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です