GSX-R750の謎

さて、このGSX-R750、よく見てみたらいくつか謎があります。

まず、25年前のバイクで走行3500kmなのがそもそも謎ですが、これしか距離が動いていないのに、ヨシムラ管とFCRが付いてる。だけど、タイヤはノーマル。

引き取って来る時に「不動車」と言われてますけど、なんと車検が残ってる・・。今年の7月まで車検が残ってるんです。
と、いう事は1年ちょっと前までは動いていたって事ですよね?
このひび割れタイヤでよく車検が通ったなぁ。

シートを開けてみたら取扱説明書と整備手帳と保険の書類と車載工具がしっかり入ってました。
車検証は中古バイク屋のものになっていましたが、保険の書類によると最初の持ち主は長野県の方の様子。
もしかしたらワンオーナー?ネットで探したら元の持ち主が見つかりそうです。

細かいことをいうと、なぜかグリップが左右で違う・・。

そして、最大の謎。

FCRのファンネルが木端微塵になっている・・・。
こんなの見たことなかったです。
2番、3番のファンネルが割れてるんです。
普通に使っててファンネルって割れるのかなぁ・・・?

それだけならまだいいのですが・・。

FCRを外してみたら、エンジン側1番シリンダーのトコにファンネルのかけら
が入ってました!
これにはビックリ。

でも1番のファンネルは割れてない・・。

謎・・・。

仮説としては2番のファンネルがなぜか割れて、ファンネルにかぶっていたラムエアフィルターを通って1番に吸い込まれた・・?
FCRのスライドバルブを通過してエンジン入り口で運良く止まったってことでしょうか?

謎です。

が、そうなると、もっと割れがひどい3番のファンネルの欠片はどこに行ったんでしょうか?

こ・・こわい・・・。

エンジンに吸い込まれているような気がしてなりません。

そうなると、オオゴトだなぁ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です